胃がん:ステージ4


ステージ4の胃がんとは、病期分類の中でも最も悪化した状態に該当します。すでに末期症状にまで進行してしまっている方も含んでおり、良好な予後をえるのが難しい状況です。

この段階では、手術をできることはまれとなり、放射線療法や抗がん剤によって治療を行うことになります。これらの治療も効果が高まっていますが、完治させるほどのものではありません。胃がんがステージ4になった場合には、余命をどうするかということが主眼となるのです。

もちろん、ステージ4になってからでも回復を果たす方も中にはいます。治療が奏効する可能性や、診断が必ずしも正確とは限らないという可能性にかけてみるのも1つの考え方でしょう。

しかし、より現実的に対処するのであれば、ここは余命との関係をしっかり考えた方がよいでしょう。ステージ4になれば胃がんといえども命に関わる状況です。癌の中では進行が遅い傾向にあるものの、すでにここまで進行してしまっているとなると楽観的な観測は持ちづらいのが実際のところです。

少しでも余命を長らえるために、食事について見直してみるのも一つの方法です。消化器官ですし、影響を受けることは用意に予測できます。大切な余命を少しでも長らえるためにも、効果的な食事法を取り入れることを考えてみてください。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。