胃がん:再発


治療を行って一度は治ったように見えても、胃がんは再発してしまうことがあります。なぜこのようなことがあるかというと、癌細胞は目に見えないような小さなものもあるため、実は消失したように見えても体内に残っていることがあります。そして残されたものが増殖することによって生じるのです。

再発胃がんは転移によって起こることもあります。特に症状が進行すると、たとえ検査によって発見されていないとしても、微細な癌細胞が他の部位にも散らばってしまっている可能性があります。そのため、原発腫瘍とは別の部位で増殖することがあるのです。

手術を行う際には、十分な範囲のリンパ節を切除することによって、胃がんが再発するリスクを小さくすることができます。もちろん、むやみに広い範囲を摘出するのがよいわけではありませんが、狭い範囲に限定しすぎると取り残しの原因になってしまいます。

したがって、どこまでを切除の範囲に指定するかの判断は、重要な問題になります。熟練の専門医に任せることによって、この判断を正確に行ってもらうことが良好な予後を得ることにつながります。

補助療法として抗がん剤を併用することによって、胃がんの再発リスクの減少や、時期を遅らせることに役立ちます。抗がん剤の副作用と効果を天秤にかけて検討する必要がありますので、すべての方に勧められるものではありませんし、反対に止めた方がよいということもできません。状況によって最適な答えは変わってきます。

ただし、再発すれば命に関わる問題になりますので、その危険を小さくするためであれば、化学療法に伴う副作用を我慢することは決して無駄にはならないでしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。