胃がん:看護のポイント


家族が胃がんの看護をする場合には、症状に応じた対応が必要です。特に日常生活に支障がない状態であれば、すべきことは多くありません。普段から異変がないことに気遣っておくことを除けば、食事や精神的なケアが主要な内容となるでしょう。

胃がんの看護のポイントとして、まずは食事について見ていきましょう。手術を行った後には、食事の回数を増やして1回の量を減らすことや、消化のよいものを出すようにして下さい。栄養のバランスを取ることはもちろん大切です。術後の食事のレシピや献立を専門医や看護士に相談するのもよいでしょう。

症状の改善のために食事療法を取り入れてみるのも一つの方法です。家族の協力があれば、食事療法も試しやすくなります。具体的な方法が分からないという方がほとんどだと思いますので、ガン治療に最も効果的な食事法を参考にしてください。

看護においては精神的な痛みやプレッシャーのケアも大切になります。胃がんになれば、症状の進行度に関わらず不安になるものです。身近にいる家族ができることは多いのですが、あまり根を詰めると共倒れになってしまう恐れもあります。患者さん本人は気持ちが落ち込んでしまうこともあることを踏まえた上で見守るようにするとよいでしょう。

初期症状であれば完治できることを確信できるように差し向けるのが適切な場合が多いでしょうが、末期に近づくにつれて予後の見通しは厳しくなっていきます。胃がんの生存率を見ればステージごとに、ある程度予後の状態の見当を付けることができます。現実も踏まえておいた方がよいでしょう。看護する側が一方的に楽観的な観測を押し付けるのも、患者さんにとってはストレスになってしまう場合があります。

雑務を引き受けることも、患者さんが闘病に専念するためには役立ちます。たとえば、ガン保険に加入しているとしても、内容や手続きの方法は難解な場合も多いため、必要なことを調べておくだけでも大きな助けになります。胃がんの看護は、ただ病気のケアだけではなく、それに付随する色々なことにも目をむけることで患者さんの負担を減らすことができます。

分からないことがある場合には、看護士や病院の関係者の方に質問しておくとよいでしょう。何をしたらよいかが分からないことや、確信が持てないまま行っていることが不安の原因になっている場合もありますので、悩むより相談しておきましょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。