胃がん:抗がん剤治療による副作用


胃がんの抗がん剤治療には副作用が伴いますので、効果との兼ね合いを考慮しながら使用する必要があります。薬剤の種類によっても効き方が変わってきますので、場合によっては使用する薬剤を換える必要が生じる場合もあります。

化学療法という言葉を聞くこともありますが、これは抗がん剤治療のことです。胃がんに使われる薬剤の種類としてはTS-1やフルオロウラシル、シスプラチン、メソトレキセート、イリノテカンなどがあります。それぞれに特徴がありますし、効果的な組み合わせもあります。

抗がん剤は手術の適用がない患者さんに単独で用いる場合のほか、術後の補助療法として活用することもあります。これは再発を抑制するためのもので、予後の改善を目指して投与するものです。かつては生存率の向上が見られず、再発予防の効果に疑いがありましたが、TS-1が使えるようになったことで事態は一変しました。それまで使われていた種類のものとくらべ、TS-1は高い効果を示したのです。TS-1はシスプラチンと併用することで、比較的副作用を軽微にしながら、高い効果を得ることができます。

もっとも、胃がんにTS-1が有効としても、すべての患者さんに奏効する万能の抗がん剤というわけではありません。恩恵を受けるのは一部の方に限られますので、副作用を考えてあえて化学療法を使わないという選択もできます。

抗がん剤の副作用としては、脱毛や口内炎、吐き気、下痢、白血球・血小板の減少、動機、不整脈、腎機能障害などがあります。これらのリスクを負ってでも治療するだけの効果があるかどうかを検討する必要があります。

なお、化学療法は術前に行って腫瘍を縮小させてから手術を行う場合や、再発胃がんに使用することもあります。再発してしまった場合に化学療法を使う場合には、完治を目指すよりも症状の進行を食い止め、末期になってしまうのを遅らせる、あるいは余命を延長させる目的で行うことになります。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。