胃がん:末期症状による痛みと腹水


胃がんが末期症状に進行すると、痛みを伴うようになり、腹水がたまってくることもあります。食欲不振や体重の急激な減少、全身の倦怠感、嘔吐・吐血といった症状が現われ、患者さんは苦痛を訴えることが多くあります。

このような状態を改善するため、末期胃がんの治療においては、痛みの緩和のために鎮痛剤を使うことがあります。根本的に腫瘍を消失させることはできませんが、穏やかに生活を送ることには役立ちます。すでに転移が進んでしまっている状態においては、残念ながら有効な治療法がないのが現実ですので、このような場合には余命を大切に生きるしかありません。

初期症状のうちはゆっくり進行していく傾向があるのですが、末期になると増殖する速度も増しています。こうなってしまうと、たとえ手術を行っても転移によって再発してしまうことが予想され、完治は不可能に近くなってしまうのです。

抗がん剤であれば全身に効果を波及させることはできますが、ガン細胞を完全に死滅させることはできません。そのため、化学療法を単独で用いても、胃がんの症状の進行を緩めることはできても、完治させることができるわけではないのです。

胃がんがステージ4になってしまうと、生存率は非常に低くなってしまいます。末期症状にまで達してしまえば、もはや助かる見込みが小さいことを、生存率が表していると言えるでしょう。一度は治療が功を奏したように見えても、再発してしまうことが多くなりますので、注意が必要です。

食欲不振によって、食事もおいしく感じられなくなってしまうようになることが多くありますが、栄養をきちんと摂ることは大切です。食事が喉を通らない時には、主治医に相談してみるとよいでしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。