胃がん:進行性胃がんと転移


胃壁へ深く食い込んで浸潤しているのが進行性胃がんです。この場合には、症状が悪化している状態に該当しますので、転移が懸念されます。もっとも、原発巣に限局する状態から、リンパ節以外の遠隔臓器にまで広がってしまっている場合まであり、状況は患者さんによって様々です。

そもそも、早期と進行性に胃がんを2分しているわけですが、実際には初期症状から末期に至るまでには段階を踏んでもっと多くの区分があります。たとえば、ステージを例にとってももっとも早期の0期から4期までに分類され、生存率もそれぞれで異なっています。それだけに、進行性胃がんの治療も一まとめに語れるものではありません。

手術によって完治が望める場合もあれば、もはや手術の適用がない場合もあります。末期に至っており、事実上諦めるしかない状態の患者さんがいることも事実ですし、癌から生還できる患者さんもいます。状況に合った対応をすることで、最善の結果を得ることができます。

末期の場合であっても、余命を1日でも長らえることや、生活の質を向上させるために治療が貢献できることはあります。専門医と相談しながら、希望も伝えていくとよいでしょう。何を最優先するかは、一定の政界があるものではなく、患者さんの数だけ答えがあります。専門医の言いなりになるのではなく、自分の希望にも合った治療法を選択してください。

進行性胃がんの中にも幅が広いので、どの程度の状況であるのかを知るためにはステージが参考になります。標準治療の理解にも役立ちますので、何期に該当するのか分かるようにしておきましょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。