胃がん:ステージ4


ステージ4の胃がんとは、病期分類の中でも最も悪化した状態に該当します。すでに末期症状にまで進行してしまっている方も含んでおり、良好な予後をえるのが難しい状況です。

この段階では、手術をできることはまれとなり、放射線療法や抗がん剤によって治療を行うことになります。これらの治療も効果が高まっていますが、完治させるほどのものではありません。胃がんがステージ4になった場合には、余命をどうするかということが主眼となるのです。

もちろん、ステージ4になってからでも回復を果たす方も中にはいます。治療が奏効する可能性や、診断が必ずしも正確とは限らないという可能性にかけてみるのも1つの考え方でしょう。

しかし、より現実的に対処するのであれば、ここは余命との関係をしっかり考えた方がよいでしょう。ステージ4になれば胃がんといえども命に関わる状況です。癌の中では進行が遅い傾向にあるものの、すでにここまで進行してしまっているとなると楽観的な観測は持ちづらいのが実際のところです。

少しでも余命を長らえるために、食事について見直してみるのも一つの方法です。消化器官ですし、影響を受けることは用意に予測できます。大切な余命を少しでも長らえるためにも、効果的な食事法を取り入れることを考えてみてください。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

胃がん:生存率


症状の進行度によって予後の経過は異なります。初期と末期ではまったく危険度が変わりますので、胃がんの生存率もステージごとに分けて集計されます。これによって、治療後の経過を予測するための資料として使うことができるようになります。

一般的な胃がんの5年生存率をステージごとに見ていきましょう。

0期:98%
1期:90%
2期:70%
3期:40%
4期:10%

注目なのは、0期や1期ではほとんどの方が5年後にも生きているのに対し、4期になってしまうと10人のうちおよそ9人は亡くなっているということです。早期発見の重要性について説明されることは少なくありませんが、数字で立証された形になります。

生存率は生きているかどうかによって分けられているので、中には生きているものの再発して闘病中という方もいます。一般に、手術を行って再発なしで5年間生きることができれば、その後の死亡率については一般の方と大差がないとされています。したがって、再発の有無によってもだいぶ状況は変わってきます。

胃がんの生存率は、全体としても低いものではありません。これが肺癌や膵臓癌であれば、もっと過酷な数値となっています。しかし、あくまでステージによる影響が無視できませんので、油断できません。遠隔転移を起こして4期になってしまえば、もはや良好な予後を得ることは難しいのです。

また、スキルス胃がんの場合には生存率が低くなる傾向があります。スキルス性は特に悪性度が高く、転移もしやすい性質を持っています。そのため、どうしても治療によって治癒できる割合が低くなってしまい、助からない患者さんが多い傾向にあります。

病院によっても治療成績は異なりますので、確認してみるのもよいでしょう。データを公表していないこともありますし、あまり件数が多くないために参考にならない場合もありますが、一部の病院では公開しています。病院のレベルを図るためのデータの1つとして活用することができるのが生存率です。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

胃がん:再発


治療を行って一度は治ったように見えても、胃がんは再発してしまうことがあります。なぜこのようなことがあるかというと、癌細胞は目に見えないような小さなものもあるため、実は消失したように見えても体内に残っていることがあります。そして残されたものが増殖することによって生じるのです。

再発胃がんは転移によって起こることもあります。特に症状が進行すると、たとえ検査によって発見されていないとしても、微細な癌細胞が他の部位にも散らばってしまっている可能性があります。そのため、原発腫瘍とは別の部位で増殖することがあるのです。

手術を行う際には、十分な範囲のリンパ節を切除することによって、胃がんが再発するリスクを小さくすることができます。もちろん、むやみに広い範囲を摘出するのがよいわけではありませんが、狭い範囲に限定しすぎると取り残しの原因になってしまいます。

したがって、どこまでを切除の範囲に指定するかの判断は、重要な問題になります。熟練の専門医に任せることによって、この判断を正確に行ってもらうことが良好な予後を得ることにつながります。

補助療法として抗がん剤を併用することによって、胃がんの再発リスクの減少や、時期を遅らせることに役立ちます。抗がん剤の副作用と効果を天秤にかけて検討する必要がありますので、すべての方に勧められるものではありませんし、反対に止めた方がよいということもできません。状況によって最適な答えは変わってきます。

ただし、再発すれば命に関わる問題になりますので、その危険を小さくするためであれば、化学療法に伴う副作用を我慢することは決して無駄にはならないでしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

胃がん:看護のポイント


家族が胃がんの看護をする場合には、症状に応じた対応が必要です。特に日常生活に支障がない状態であれば、すべきことは多くありません。普段から異変がないことに気遣っておくことを除けば、食事や精神的なケアが主要な内容となるでしょう。

胃がんの看護のポイントとして、まずは食事について見ていきましょう。手術を行った後には、食事の回数を増やして1回の量を減らすことや、消化のよいものを出すようにして下さい。栄養のバランスを取ることはもちろん大切です。術後の食事のレシピや献立を専門医や看護士に相談するのもよいでしょう。

症状の改善のために食事療法を取り入れてみるのも一つの方法です。家族の協力があれば、食事療法も試しやすくなります。具体的な方法が分からないという方がほとんどだと思いますので、ガン治療に最も効果的な食事法を参考にしてください。

看護においては精神的な痛みやプレッシャーのケアも大切になります。胃がんになれば、症状の進行度に関わらず不安になるものです。身近にいる家族ができることは多いのですが、あまり根を詰めると共倒れになってしまう恐れもあります。患者さん本人は気持ちが落ち込んでしまうこともあることを踏まえた上で見守るようにするとよいでしょう。

初期症状であれば完治できることを確信できるように差し向けるのが適切な場合が多いでしょうが、末期に近づくにつれて予後の見通しは厳しくなっていきます。胃がんの生存率を見ればステージごとに、ある程度予後の状態の見当を付けることができます。現実も踏まえておいた方がよいでしょう。看護する側が一方的に楽観的な観測を押し付けるのも、患者さんにとってはストレスになってしまう場合があります。

雑務を引き受けることも、患者さんが闘病に専念するためには役立ちます。たとえば、ガン保険に加入しているとしても、内容や手続きの方法は難解な場合も多いため、必要なことを調べておくだけでも大きな助けになります。胃がんの看護は、ただ病気のケアだけではなく、それに付随する色々なことにも目をむけることで患者さんの負担を減らすことができます。

分からないことがある場合には、看護士や病院の関係者の方に質問しておくとよいでしょう。何をしたらよいかが分からないことや、確信が持てないまま行っていることが不安の原因になっている場合もありますので、悩むより相談しておきましょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

胃がん:抗がん剤治療による副作用


胃がんの抗がん剤治療には副作用が伴いますので、効果との兼ね合いを考慮しながら使用する必要があります。薬剤の種類によっても効き方が変わってきますので、場合によっては使用する薬剤を換える必要が生じる場合もあります。

化学療法という言葉を聞くこともありますが、これは抗がん剤治療のことです。胃がんに使われる薬剤の種類としてはTS-1やフルオロウラシル、シスプラチン、メソトレキセート、イリノテカンなどがあります。それぞれに特徴がありますし、効果的な組み合わせもあります。

抗がん剤は手術の適用がない患者さんに単独で用いる場合のほか、術後の補助療法として活用することもあります。これは再発を抑制するためのもので、予後の改善を目指して投与するものです。かつては生存率の向上が見られず、再発予防の効果に疑いがありましたが、TS-1が使えるようになったことで事態は一変しました。それまで使われていた種類のものとくらべ、TS-1は高い効果を示したのです。TS-1はシスプラチンと併用することで、比較的副作用を軽微にしながら、高い効果を得ることができます。

もっとも、胃がんにTS-1が有効としても、すべての患者さんに奏効する万能の抗がん剤というわけではありません。恩恵を受けるのは一部の方に限られますので、副作用を考えてあえて化学療法を使わないという選択もできます。

抗がん剤の副作用としては、脱毛や口内炎、吐き気、下痢、白血球・血小板の減少、動機、不整脈、腎機能障害などがあります。これらのリスクを負ってでも治療するだけの効果があるかどうかを検討する必要があります。

なお、化学療法は術前に行って腫瘍を縮小させてから手術を行う場合や、再発胃がんに使用することもあります。再発してしまった場合に化学療法を使う場合には、完治を目指すよりも症状の進行を食い止め、末期になってしまうのを遅らせる、あるいは余命を延長させる目的で行うことになります。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

胃がん:末期症状による痛みと腹水


胃がんが末期症状に進行すると、痛みを伴うようになり、腹水がたまってくることもあります。食欲不振や体重の急激な減少、全身の倦怠感、嘔吐・吐血といった症状が現われ、患者さんは苦痛を訴えることが多くあります。

このような状態を改善するため、末期胃がんの治療においては、痛みの緩和のために鎮痛剤を使うことがあります。根本的に腫瘍を消失させることはできませんが、穏やかに生活を送ることには役立ちます。すでに転移が進んでしまっている状態においては、残念ながら有効な治療法がないのが現実ですので、このような場合には余命を大切に生きるしかありません。

初期症状のうちはゆっくり進行していく傾向があるのですが、末期になると増殖する速度も増しています。こうなってしまうと、たとえ手術を行っても転移によって再発してしまうことが予想され、完治は不可能に近くなってしまうのです。

抗がん剤であれば全身に効果を波及させることはできますが、ガン細胞を完全に死滅させることはできません。そのため、化学療法を単独で用いても、胃がんの症状の進行を緩めることはできても、完治させることができるわけではないのです。

胃がんがステージ4になってしまうと、生存率は非常に低くなってしまいます。末期症状にまで達してしまえば、もはや助かる見込みが小さいことを、生存率が表していると言えるでしょう。一度は治療が功を奏したように見えても、再発してしまうことが多くなりますので、注意が必要です。

食欲不振によって、食事もおいしく感じられなくなってしまうようになることが多くありますが、栄養をきちんと摂ることは大切です。食事が喉を通らない時には、主治医に相談してみるとよいでしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

胃がん:進行性胃がんと転移


胃壁へ深く食い込んで浸潤しているのが進行性胃がんです。この場合には、症状が悪化している状態に該当しますので、転移が懸念されます。もっとも、原発巣に限局する状態から、リンパ節以外の遠隔臓器にまで広がってしまっている場合まであり、状況は患者さんによって様々です。

そもそも、早期と進行性に胃がんを2分しているわけですが、実際には初期症状から末期に至るまでには段階を踏んでもっと多くの区分があります。たとえば、ステージを例にとってももっとも早期の0期から4期までに分類され、生存率もそれぞれで異なっています。それだけに、進行性胃がんの治療も一まとめに語れるものではありません。

手術によって完治が望める場合もあれば、もはや手術の適用がない場合もあります。末期に至っており、事実上諦めるしかない状態の患者さんがいることも事実ですし、癌から生還できる患者さんもいます。状況に合った対応をすることで、最善の結果を得ることができます。

末期の場合であっても、余命を1日でも長らえることや、生活の質を向上させるために治療が貢献できることはあります。専門医と相談しながら、希望も伝えていくとよいでしょう。何を最優先するかは、一定の政界があるものではなく、患者さんの数だけ答えがあります。専門医の言いなりになるのではなく、自分の希望にも合った治療法を選択してください。

進行性胃がんの中にも幅が広いので、どの程度の状況であるのかを知るためにはステージが参考になります。標準治療の理解にも役立ちますので、何期に該当するのか分かるようにしておきましょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!

胃がん:早期胃がんの特徴


早期胃がんとは浸潤が浅く、進行性に至っていないもののことを指します。この段階で発見できると予後がよく、場合によっては手術すら行う必要がなく、内視鏡的治療によって完治させることができる場合もあります。手術なしで済む場合には患者さんとして肉体的な負担も少なくて済みますし、入院期間が短いために社会復帰をする時期も速くなります。

一般に、早期胃がんにはほとんど自覚できる兆候がないと言われますが、胃の存在感を感じることやもたれ、食欲不振といった症状が現われることがあります。もっとも、これらを感じることがあっても、ちょっとした体調不良だと考えることがほとんどでしょうから、深刻には考えないで病院にも行かないことが多いのが実際のところでしょう。事実、胃炎や潰瘍によってももたらされる症状と共通していますので、特徴的なものはほとんどないのが実際のところです。

では、初期症状のうちに発見するためには何が必要でしょうか?その答えとして重要な役割を果たすのが検診です。自覚のない段階で早期胃がんが検診によって発見されることは珍しくありません。検診はバリウムを飲んでX線撮影を行うものですので、嫌悪感を示す方もいます。たしかにバリウムは飲みやすいものではありませんが、早期胃がんを見逃さないためには重要なものです。

ただし、このX線検査や内視鏡検査によっても発見するのが難しいのがスキルス性です。通常のように粘膜表面に隆起や潰瘍などの変化をもたらさないものであるため、知らず知らずのうちに進行することになってしまい、スキルス性胃がんでは進行して末期になってしまうことも少なくありません。早期発見が難しい厄介なものであると言えます。

早期胃がんであれば転移の心配もほとんどないため、治療後に再発することはまれです。これに対し、進行性になってしまえば転移の危険が増し、再発の心配もしなくてはなりません。ある意味では、初期症状のうちに告知を受けることは幸せでもあるのです。もちろん、健康なままに暮らせるのがベストには違いありませんが、治せる段階で発見できることは最悪な事態ではないでしょう。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食事療法の決定版!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。